【記事をシェアする】

キラキラスライムの作り方

光るスライムと言えば、蓄光塗料を使った暗闇に光るスライムがあります。しかし、このスライムは周囲が暗くないと光りません。

そこで、今回は周囲が明るくても光る、キラキラスライムの簡単な作り方を紹介したいと思います。

【今月の注目アイテム】

キラキラスライムの作り方

以下に、キラキラスライムの作り方を解説します。ほどんどが通常のスライムの作り方と同じなので、簡単に作ることができます。

※ホウ砂の取り扱いに注意しましょう。
(目や口、傷口に入らないように)

【用意するもの】

【主な材料】
ホウ砂
洗濯のり

【材料&道具の詳細】

  • ホウ砂(約5g)
  • 洗濯のり(100cc)
  • 水(100cc+50cc)
  • ラメ(またはキラキラしたもの)
  • ボウルorコップ
  • かき混ぜ棒

【キラキラスライムの作り方手順】

※手順解説の最後に作り方解説動画が見れるよ!

  1. 水100ccと洗濯のり100ccをボウルに入れて混ぜる。
  2. キラキラスライムの作り方_01

  3. ボウルにラメなどのキラキラした粒を適量入て混ぜる。
    (全体になじむように)
  4. キラキラスライムの作り方_02

  5. 水50ccにホウ砂(約5g)を入れてホウ砂水溶液を作る。
  6. キラキラスライムの作り方_03

    Sponsored Links

  7. 「手順3」で作ったホウ砂水溶液をボウルに入れて混ぜる。
  8. キラキラスライムの作り方_04

  9. 全体が均一に混ざり合ったらキラキラスライムの出来上がり。
  10. 通常のスライムの作り方にラメなどのキラキラしたものを入れるだけで、キラキラスライムを作ることができました。

Sponsored Links

【記事をシェアする】

Sponsored Links

キラキラスライムを作る際のポイント

  • ホウ砂が溶ける様によく混ぜ合わせる。
  • 溶けなかったホウ砂はなるべく入れない。
  • 色水と洗濯のりを混ぜた後にホウ砂水溶液を入れる。
  • 程よい量のラメを入れる。

光るスライムを作る際の注意点

  • ホウ砂は毒性があるため絶対に口や目に入れない。
  • キズがある場合はホウ砂を素手で触らない。
  • ホウ砂を扱った後は必ず手を洗う。

人気のスライム!
【ふわふわスライムキット】
やわらか~いスクイーズスライム

まとめ

今回はラメを使ったキラキラスライムの作り方の解説でしたがいかがでしたか?ラメを使用するだけで簡単にキラキラ光るスライムを作れたと思います。材料を一つ加えるだけでこんなに面白いものが作れるので、他にもスライムに混ぜてみて面白いスライムを作ってみてくださいね。

このページ以外にも、様々な材料を入れてた面白いスライムをいくつか紹介していますので、是非合わせて見てくださいね。

Sponsored Links


※画像をクリックすると解説ページに飛びます。
スライムの作り方 普通のスライム 暗闇で光るスライムの作り方 暗闇で光る!
砂鉄スライムの作り方 磁石で動く! 片栗粉スライムの作り方 片栗粉のスライム
バルーンスライムのやり方 風船みたいに膨らむ!
Sponsored Links

ボンドスライムの作り方 ボンドのスライム キラキラスライムの作り方 キラキラ輝く!
ふわふわマシュマロスライムの作り方 ふわふわ気持ちいい!
つぶつぶスライムの作り方 つぶつぶした感触
香り付きのスライム スライムの材料で作る
ザクザクパリパリスライムの作り方 ザクザクした感触
砂スライムの作り方 不思議な感触!