バルーンスライム

バルーンスライム(スライム風船)の作り方と遊び方

 

【シェアボタン】

 

はじめに

 

今回はスライムの遊び方について紹介したいと思います。折角作ったスライムですから、工夫して楽しく遊んだ方が絶対に良いですからね。ここでは、バルーンスライム(スライム風船)を作っていこうかと思います。バルーンスライムはスライムに空気を入れ込むことで、風船の様に膨らませるという面白いスライムの遊び方です。ストローなどスライムに空気を入れる道具があれば、誰でも簡単にできますのでおすすめですよ。といことで、これからバルーンスライム(スライム風船)の作り方を解説していきたいと思います。

 

Sponsored Links

 

バルーンスライムの作り方

 

以下に、バルーンスライム(スライム風船)の作り方を詳しく解説していきます。

 

※ホウ砂は毒性があるので注意しましょう。

 

【用意するもの】

・ホウ砂
・洗濯のり(PVA)
・水
・着色料(絵の具・食紅または蛍光塗料)
・ボウルorコップ
・かき混ぜ棒
・ストロー

 

ホウ砂

洗濯のり

絵の具

 

動画や記事が役に立った方は登録お願いします↓

 

【バルーンスライムの作り方手順】

 

1.通常のスライムまたは蛍光塗料を使った光るスライムを作る。

 

2.スライムを少し平たく伸ばす。

 

3.ストローをスライムの中央に乘せる。

 

4.ストローをスライムで包み込む。

 

5.空気が漏れないようにしっかりと閉じる。

 

6.ストローとスライムのつなぎ目を閉じながら空気をゆっくり入れる。

 

7.ストローを抜いて口を塞ぐ。

 

8.形を整えたらバルーンスライムの出来上がり。

 

Sponsored Links

 

 

バルーンスライムの作り方ポイント

 

・スライムが硬い場合は水を追加する。
・スライムの中央にストローを入れる。
・膨らませる際にはストローとスライムのつなぎ目をしっかり閉じる。
・ゆっくりとスライムを膨らませていく。

 

 

バルーンスライムの注意点

 

・ホウ砂は毒性があるためホウ砂を絶対に口に入れない。
・キズがある場合は素手で触らない。
・ホウ砂を扱った後は必ず手を洗う。
・ストローでスライムをを吸い込まない。

 

 

まとめ

 

今回はスライムの楽しい遊び方として、バルーンスライム(スライム風船)の作り方と遊び方を詳しく紹介してきましたがいかがでしたか。ストローなどの道具を使えば、簡単に作れたかと思います。このように、スライムは工夫次第で色々な遊び方を作り出すことができるので色々考えてみましょう。

スライムの作り方

※画像をクリックすると解説ページに飛びます。

スライム

光るスライム

動くスライム

スライム

通常のスライム

光るスライム

暗闇に光るスライム

磁気スライム

磁石で動くスライム

[PR] ディズニースライム粘土

片栗粉スライム

バルーンスライム

片栗粉スライム

片栗粉を使ったスライム

バルーンスライム

風船の様に膨らむスライム

ボンドスライム

[PR]光るバルーンスライム

キラキラスライム

ボンドスライム

木工用ボンドを使ったスライム

キラキラスライムの作り方 キラキラしたスライム

ふわふわスライム

つぶつぶスライム

[ PR] 磁石スライム
ふわふわマシュマロスライム

ふわふわとしたスライム

つぶつぶスライムの作り方 つぶつぶした感触のスライム

アロマスライム

スーパーボール

ザクパリスライム

アロマスライム

アロマ香るスライム

スーパーボール

跳ねるスーパーボール

ザクザクパリパリスライム

ザクザク、パリパリしたスライム

砂スライム

砂スライム

砂を混ぜた不思議な感触のスライム

スライムの作り方

 

Sponsored Links

 

【シェアボタン】