安全な片栗粉スライムの作り方(ホウ砂なし)

安全な片栗粉スライムの作り方

片栗粉スライムの作り方

【シェアボタン】
はじめに

 

スライムは一般的にホウ砂やホウ酸を使うため、取り扱いに気をつけなければなりません。特にお子さんがいる家庭は子供が誤飲すると、非常に危険なので注意する必要があります。そこで、今回はをホウ砂なしでつくれる片栗粉スライム(スライムもどき)の作り方を紹介していきます。

 

 

片栗粉スライムの作り方(ホウ砂なし)

 

以下に、片栗粉スライムの作り方を解説していきます。片栗粉は食用の材料なので、安心して作れるスライムの作り方です。

 

 

※片栗粉スライムは通常のスライムとは感触が異なります。
※スライムの本来の意味である「ドロドロ、ヌルヌルしたもの」という意味でスライムにカテゴライズしています。
※当サイトで紹介する片栗粉スライムではダイラタンシー現象が起こるように材料の分量を調整しています。(水が多ければ柔らかくなります。)

 

 

【用意するもの】

・片栗粉
・水
・ボウルorコップ
・かき混ぜ棒
・食紅

 

片栗粉

食紅

ボウル

 

 

【スライムの作り方手順】

 

※手順解説の最後に作り方解説動画が見れるよ!

 

1.ボウルに水(100cc)と食紅をを入れ混ぜ合わせる。

 

片栗粉スライムの作り方

 

 

2.ボウルに片栗粉200cc(約150g)入れてよく混ぜる。

 

片栗粉スライムの作り方

 

 

3.混ぜ合わせた後の状態を見て片栗粉または水を入れて調節する。

 

Sponsored Links

 

4.全体が均一に混ざり合ったら片栗粉スライムの出来上がり。

 

片栗粉スライムの作り方

※片栗粉スライムは通常のスライムとは感触が異なります。

 

着色料に食紅を使うことで安全な片栗粉スライムを作ることができますのでおすすめですよ。

 

※他にも面白いスライムがたくさんあるよ!

 

 

【シェアボタン】
動画や記事が役に立った方は登録お願いします↓

Sponsored Links

 

 

片栗粉スライムの作り方ポイント

 

・片栗粉が溶ける様によく混ぜ合わせる。
・片栗粉スライムが硬い場合は水を追加する。
・片栗粉スライムが水っぽい場合は片栗粉を追加する。

 

Sponsored Links

 

ホウ砂を使ったスライムの注意点

 

・片栗粉を混ぜる前に水と食紅を混ぜる。

 

 

まとめ

 

今回はホウ砂なしで作れる安全な片栗粉を使用した片栗粉スライムの作り方でした。片栗粉は料理でも使われていて、食べられるので、ホウ砂やホウ酸を使ったスライムよりも安全です。しかし、スライムをまるごと飲み込むと窒素の恐れがありますので、お子さんがいる家庭は誤飲しないように注意することは必要です。それ以外は危険な材料を使っていませんので、安心して片栗粉スライムを作っていきましょう。

 

夏休みの自由研究特集はこちら

スライムの作り方

※画像をクリックすると解説ページに飛びます。

スライム

光るスライム

動くスライム

スライム

通常のスライム

光るスライム

暗闇に光るスライム

磁気スライム

磁石で動くスライム

[PR] ディズニースライム粘土

片栗粉スライム

バルーンスライム

片栗粉スライム

片栗粉を使ったスライム

バルーンスライム

風船の様に膨らむスライム

ボンドスライム

[PR]光るバルーンスライム

キラキラスライム

ボンドスライム

木工用ボンドを使ったスライム

キラキラスライムの作り方 キラキラしたスライム

ふわふわスライム

つぶつぶスライム

[ PR] 磁石スライム
ふわふわマシュマロスライム

ふわふわとしたスライム

つぶつぶスライムの作り方 つぶつぶした感触のスライム

アロマスライム

スーパーボール

ザクパリスライム

アロマスライム

アロマ香るスライム

スーパーボール

跳ねるスーパーボール

ザクザクパリパリスライム

ザクザク、パリパリしたスライム

砂スライム

砂スライム

砂を混ぜた不思議な感触のスライム

スライムの作り方

Sponsored Links

【シェアボタン】

 『おもしろ まるで生き物!』


 【磁石スライム】


ちぎって遊べる!

新感覚の磁石で動く!

ウニウニとまるで生き物のよう!



詳細はこちら